東京愛らんどフェア「島じまん2018」5月開催決定!伊豆諸島・小笠原諸島の魅力を発信!

1914

2年に一度開催!島祭り伊豆諸島・小笠原諸島の魅力を伝える東京愛らんどフェア「島じまん2018」 が、5月26日(土)・27日(日)の2日間、竹芝桟橋・竹芝客船ターミナルにて開催されます。

グルメ、特産品、伝統芸能、“島の良いもの”が海を越えて竹芝にやってくる!

「島じまん」は、東京の島々(大島、利島、新島・式根島、神津島、三宅島、御蔵島、八丈島、青ヶ島、小笠原父島・母島)のかけがえのない豊かな自然環境と、そこでの人々のくらしや文化、観光資源、特産品など、地域の魅力を広く紹介し、観光や産業の振興による地域経済の活性化を図るため、2年に一度開催する10万人規模の島祭りです。

島々のグルメや特産品のブースをはじめ、伝統芸能のステージ、伝統工芸のワークショップなど、島の魅力を実際に体験することができ、子供から大人まで楽しめる企画が盛りだくさんです!また、東日本大震災復興応援として、福島県の特産品展示・販売も行います。

さらに、5月14日(月)から6月4日(月)の期間、浜松町・大門の日本料理店「島の恵みと喰らえ 匠」にて「島じまん2018」とのタイアップ限定メニューが登場します。イベントに先駆けて、いちはやく島の食材をお楽しみいただけます。

魅力たっぷり!東京の島々

 

【大島】伊豆諸島最大、東京から一番近い、火山とツバキの島

雄大な三原山、深紅のツバキに代表され、眼下に伊豆半島や富士山を望む海と緑と四季折々の花に包まれた伊豆諸島最大の島、大島。東京竹芝桟橋から高速船で1時間45分で行くことができる、東京から一番近い島。東京の「島旅」を日帰りでも十分に楽しめます。

【出展フード】
さびの唐揚げ、あしたばサバドッグ、とこぶし寒天汁、サザエのつぼ焼き
【出展品】
椿油、明日葉漬け 等

【利島】サクユリと20万本ものツバキが彩るネイチャーアイランド

島の約80%が椿の木に覆われている「日本一の椿島」。釣りはもちろん、巨木を訪ねたり、野鳥や星を観察するネイチャー探検など、楽しみがいっぱい。初夏には華麗なサクユリが、冬には島一面を真っ赤に染めるツバキの花が迎えてくれます。

【出展フード】
サザエのかき揚げ丼、にぼし餅
【出展品】
活きサザエ、島椿 等

【新島・式根島】自然美と伝統文化が残る “二つの島”

サーフィンで有名な新島には、珍しいコーガ石から成るモヤイ像や、その砂から作る淡緑透明色のガラスなど独自の文化と歴史が残っています。海中温泉やリアス式海岸など、豊かな自然が息づく式根島との間は、新島村の村営船で往き来できます。ここには、冒険と感動があふれています。

【出展フード】
赤いか焼きそば、たたき丸(明日葉・くさや)、郷土料理(いももち)
【出展品】
アメリカ芋チップス、焼きくさや 等

【神津島】岸壁と砂浜が織りなす伝説の島

そびえ立つ天井山の岸壁が織りなす絶景、島のあちこちに水が湧く「水分け伝説の島」。透明度の高い海と、四季を通じて温暖な気候に恵まれた神津島は、年間を通して安全で快適なレジャーが楽しめるマリンリゾートです。

【出展フード】
海鮮づけ丼、お魚コロッケ、イカ飯、島スープ
【出展品】
赤イカ入り塩辛、金目切り身 等

【三宅島】野鳥が群れる自然美の島

アカコッコなどの野鳥で知られるバードアイランド。火山が生み出す美しい造形美、カラフルな熱帯魚、そして夕陽を眺めながらの露天風呂。地球の息吹と命の起源を肌で感じることができる、癒しのスポットが溢れています。

【出展フード】
明日葉の炊き込みご飯、うまかか棒、明日葉の天ぷら
【出展品】
明日葉カレー、三宅漬(明日葉) 等

【御蔵島】イルカに出会える秘境の島

こんこんと湧き出す豊かな水、巨樹の森、そして島の周囲には、イルカが泳ぐ・・・ 独特の歴史と文化を持ち、東京から最も近い“秘境の島”。

【出展フード】
ジェラート (明日葉、塩、カブツ)、冷し明日葉うどん
【出展品】
明日葉カレー、三宅漬(明日葉) 等

【八丈島】黒潮の海がつくった南国の楽園

独自の歴史と伝統、そして特産の焼酎や寿司などの食文化が残る八丈島。色鮮やかな亜熱帯の花が咲き誇り、またハイキングやマリンスポーツなどさまざまなアクティビティが楽しめます。年間平均気温18度。常春とも言える気候の島が八丈島です。

【出展フード】
島ずし、明日葉グリーンジュース、パッションジュース、島酒(焼酎)
【出展品】
明日葉生葉、八丈島ジャージープリン 等

【青ヶ島】独特の自然を持つ火山島

世界でも珍しい二重式の火山を擁し、四季折々に咲き乱れる花々、島言葉で「ひんぎゃ」と呼ばれる火山性噴気孔など、大自然の営みを目の当たりにすることができる まさに“東京の秘境”。日本一人口の少ない村としても有名です。

【出展フード】
牛丼、くじらよの塩焼き
【出展品】
青酎、ひんぎゃの塩 等

【小笠原父島・母島】独自の生態系が残る世界自然遺産の島々

都心から南に1000km、片道約24時間の船旅でたどり着く世界自然遺産の島。ボニンブルーとよばれる紺碧の海は、珊瑚礁や熱帯魚に彩られ、クジラやイルカが生息し手つかずの自然が広がる原始の森には、数多くの固有の動植物が生息する、多彩な魅力に溢れたトロピカルアイランドで、平成23年6月、世界自然遺産に登録されました。

【出展フード】
島ドーナツ、パッションアイス、島じゃがフライ
【出展品】
パッションフルーツ、島ハチミツ 等

ステージやワークショップもお見逃しなく!

【ステージイベント】

・オープニング  東京農業大学 全学応援団吹奏楽部
・ゲスト  さかなクン
・各島の出演団体  御神火よさこい舞隊、御神火太鼓保存会、大島町婦人会・民謡踊り愛好会、野増神楽保存会、Nani Ohana(ナニ オハナ)、利島太鼓の会「島花」、アロヒ・アイラナ・ヌーキマ、夏一、式根島歌舞同好会、神津島太鼓、神津島芸能保存会、神津島漁協、伊豆青年団、阿古青年団、御蔵島フラサークルワイワイ、八丈太鼓六人会、樫立踊り保存会、コウリマナニエ、還住太鼓、青ヶ島郷土芸能保存会、ナァ・プア・ナニ・オ・マクア、南洋踊り&KAKA
・スペシャルイベント  カクテルコンペティション、諸島クイズ大会
・クロージング  西村健司セクステット

【体験イベント】

● 大島 / 椿染めとアンコ人形絵付け
椿の花びら染めと椿のアンコ人形への絵付けができます。
● 新島 / 貝殻アクセサリーづくり
新島の貝殻などを使ってアクセサリーがつくれます。
● 三宅島 / ボルダリング
家族で楽しめるお手軽プチボルダリングが体験できます。
● 八丈島 / 黄八丈織物と小物づくり
伝統工芸品「黄八丈」の織体験や、黄八丈を使った小物づくりの体験ができます。
● 小笠原 / 伝統民芸品づくり
固有種「タコノキ」の葉を編み上げた、戦前から伝わる民芸品づくりが体験できます。
● WORK SHOP 夏の海をつくろう
手のひらに収まるサイズで「夏を感じるオリジナルのジオラマ」をつくれます。
● 貝殻キャンドル作りワークショップ
世界に一つだけの貝殻キャンドルづくりの体験ができます。
● 東京の島々紹介コーナー
離島経済新聞社による東京の島々紹介コーナー。

※定員に達し次第受付終了となります。

【「島の恵みと喰らえ 匠」タイアップ限定メニュー】

浜松町・大門の日本料理屋「島の恵みと喰らえ 匠」にて、「島じまん2018」とのタイアップ限定メニューが登場します。イベントに先駆けて、いちはやく島の食材をお楽しみいただけます。(食材がなくなり次第終了)
期間:5月14日(月)〜6月4日(月)
場所: 島の恵みと喰らえ 匠 (東京都港区芝大門1丁目15-3 GEMS大門8F)

開催概要

■ 開催日時  平成30年5月26日(土) ・ 27日(日) 午前10時00分〜午後6時00分
※26日9時30分よりオープニングセレモニー開催
■ 会場  竹芝桟橋・竹芝客船ターミナル (東京都港区海岸1丁目12番)
■ 内容 伊豆諸島・小笠原諸島、その他後援・協賛団体の約40ブースが集結する魅力発信イベント。
・おすすめ島グルメの試食・販売や特産品の販売
・各島の伝統工芸の実演、体験ワークショップ
・特設ステージで各島の伝統芸能披露
・島のお酒や特産品を使ったカクテルコンペティション
・豪華景品が当たる抽選会、諸島クイズ大会
■ ゲスト さかなクン(東京海洋大学名誉博士)
両日「さかなクンの世界一受けたいお魚授業 in 島じまん2018」を開催
■ 料金 入場無料(特産品の購入および飲食料金等は有料)
■ 公式サイト http://www.shimajiman2018.com

主催: 島じまん実行委員会
主管: 大島町/利島村/新島村/神津島村/三宅村/御蔵島村/八丈町/青ヶ島村/小笠原村/伊豆諸島・小笠原諸島地域力創造対策協議会
共催: 東京都、(公財)東京都島しょ振興公社、(一社)東京諸島観光連盟
協賛: (公財)東京市町村自治調査会、(株)東京エイドセンター、小笠原海運(株)、伊豆七島建設業協同組合、七島信用組合、東海汽船(株)、東京ヴァンテアンクルーズ(株)、東邦航空(株)、新中央航空(株)、ANAセールス(株)、(株)東京臨海ホールディングス、(株)ゆりかもめ、(株)東京テレポートセンター、東京港埠頭(株)、(一社)日本ホテルバーメンズ協会東京支部、(株)ダイナック、(株)日本果汁、宝酒造(株)、ホテルアジュール竹芝、東京ベイ有明ワシントンホテル、(有)芝大門ホテル、アワーズイン阪急
後援: 総務省、国土交通省、港区、特別区長会、東京都市長会、東京都町村会、東京都島嶼町村会、
離島振興対策協議会、全国離島振興協議会、(公財)日本離島センター、(公財)小笠原協会、(公財)東京観光財団、 (一社)東京都港湾振興協会、(一社)大多摩観光連盟、(一社)青梅市観光協会、東京島しょ農業協同組合、東京都漁業協同組合連合会、(公財)東京都農林水産振興財団、東京七島酒造組合、(公社)芝法人会、竹芝地区まちづくり協議会、(一社)竹芝エリアマネジメント、瑞穂町、日の出町、奥多摩町、檜原村

みなさんは、どの島が気になったでしょうか?2年に一度の開催となるので、どうぞこの機会にお出かけください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします