波照間島・ニシ浜 今すぐにでも飛び込みたくなる日本一のビーチに行ってみた

44

日本最南端の島、【波照間島】(はてるまじま)をご存知ですか?

石垣島から高速船で1時間半ほどで行ける離島です。

なんと言っても、日本ベストビーチ2017に選ばれた白い砂浜と透き通った青い海が広がる【ニシ浜】(にしはま)が魅力的。

今回、【波照間島】(はてるまじま)に日帰りで行きました。

波照間港から近く美しいビーチ、【ニシ浜】(にしはま)で泳いできたのでアクセスとビーチの感想をお伝えします。

欠航に注意!石垣島から波照間島へ

【波照間島】(はてるまじま)へは船でのみ行くことができます。

石垣島の「ユーグレナ石垣島離島ターミナル」から出港、所要時間は1時間〜1時間半ほど。

船は1日往復4便

波照間航路は外洋を航行するため、欠航することが多いです。

念のため別なプランを考えておくことをオススメします。

時間ギリギリまで海の状況を見て出港できるか判断します。

私が2便の高速船に乗船したときも出港できるか分からない状況で、出港時間1時間前に船の出港が発表されました。

インターネットや人からの情報で照間航路の揺れ具合がすごいことは聞いていたので覚悟はしていたのですが…

案の激しい揺れでした(笑)

座席に置いていた荷物が落ちてしまうほど(笑)

天候によって揺れ具合は異なると思いますが、船酔いする人は必ず酔い止めを飲んでくださいね。

ちなみに帰りは4便の高速船に乗船。

2、3便よりも大きい船なので揺れが少なく快適な船内でした。

 

港に着いた!さあニシ浜へ行こう!

波照間島の玄関口の波照間港から最も近いビーチ【ニシ浜】(にしはま)へ。

港から徒歩約15分で到着できます。

可愛いマンホールを発見。

のんびり歩きながらビーチまで。

自転車に乗り風を浴びながら海まで向かうのも気持ち良いです。

何と言っても景色が最高!

港近くに自転車レンタルできる場所がいくつかありますよ。

レンタル料金は1000円〜が相場で、当日レンタルも空きがあれば可能です。

青と白の鮮やかなコントラストが美しいニシ浜

【ニシ浜】(にしはま)が見えた瞬間、感動してワクワクが止まらない!

青く澄んだ海に広く白い砂浜。

感動する時間がもったいないと思ってしまうほど、今すぐに飛び込みたいという気持ちにさせます。

走って海へ!!!

雲がない日にいったら海と空の境目がわからなくなりそう…

いざシュノーケル。

【ニシ浜】(にしはま)でシュノーケルセットをレンタルをすることもできます。

流れがあまりなく穏やかなのでシュノーケルに向いています。

ニシ浜は遠浅なビーチで100mを過ぎたあたりからサンゴやお魚がたくさんいるそうです。

ビーチ付近でもお魚やウミガメと泳ぐことができちゃいます。

私はウミガメに3回も遭遇しました!

8月半ばにニシ浜を訪れたのですが、思ってたより人が少ないと感じました。

こんなに美しくて静かなビーチで泳げるなんて…とても贅沢な時間を過ごせました。

 

ニシ浜から行ける近くのカフェ

ちなみにご飯を食べれるお店や一休みできるお店もいくつかありますよ♪

ふわっふわのカキ氷が人気【みんぴか】

ニシ浜から徒歩10〜15分程度のところにあります。

友人にオススメされて絶対行きたいと思っていたカフェだったのですが、

私が行ったときは営業時間が過ぎていて食べることはできず…

島産島消を心掛けてる島カフェ【あやふふぁみ】

島の食材を使ったメニューを提供している

お肉が柔らかい!島に行ったら食べておきたい一品ですね。

店内には本がたくさんありカフェでのんびり過ごすのも良さそう。

遅めのランチをいただいたあとにもひと泳ぎし、疲れたらお昼寝♩

美しいビーチでのんびりと1日中泳ごう

今回、お昼から夕方まで波照間島に滞在。

そのほとんどをニシ浜で過ごしましたが、景色が最高なだけあってニシ浜だけでも十分満足できました。

石垣島とはまた雰囲気が異なり、のんびり過ごすのには最適。

波照間島(はてるまじま)でスローライフを感じて見てはいかがですか。

 

 

 

 

 

石垣島から約70分で行ける最南端の島、【波照間島】(はてるまじま)いかがでしたか。

日常の雑踏を忘れ、海の音や風を感じながら贅沢なひと時を味わってみてください。

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事をシェア
ayaha:)
奄美群島に恋をしてます♡気づけば2年で8回の渡島するほどの奄美好き。