学生注目!小笠原諸島父島、旅人が2度訪れる島

40

大学生5人で、小笠原諸島父島に行ってきました!周りの人で、小笠原諸島に行ったことがあるって人は中々いないのではないでしょうか?そんな場所になぜ行くことになったのか、どうやって行ったのか、何を感じたか等々、一緒に行った5人でそれぞれ記事を書いてまとめていきます!

 

なんで小笠原に行くことに?

不思議な縁で集まったこの5人ですが、実は出航までに全員で集まったことはありません(笑)。当日まで誰が来るのかわからなかったという人までいる始末(私の連絡ミスです。すみませんでした笑)。出身も学年も年齢も学部も全員違います。そんな5人はどうやって集まったのでしょうか?それは大隈塾という授業です!

大隈塾って?

早稲田大学グローバルエデュケーションセンターで開講されている、「大隈塾」こと「たくましい知性を鍛える」という授業をきっかけに私たちは集まりました!

大隈塾の詳細についてはこの動画をご覧ください(https://www.youtube.com/watch?v=jO2IS3jKrWs

様々な業界の方にご講義いただき、そこでの学びをプロジェクトとして立ち上げて、学生が実施して行く、いわゆるProject based learningを行なっている授業です。行動を起こして、そしてそこでの体験を言語化していくことを重視していて、今回の記事も情報を広げることと、言語化する機会として記事を書かせていただいています!

こんな感じでプレゼンをして、集まった精鋭たちと小笠原に行ってきた!というわけです!そんな愉快で奇抜な仲間たちを紹介しようと思います!

愉快な仲間たち紹介!

最近、おがロス(小笠原ロス)にさいなまれている『ina』!

1人目は、このツアーを企画した、私、「ina」です!これで小笠原は7度目になります。初めて小笠原に来たのは2歳…もう数えるのやめようかなぁと思い始めている次第です(笑)。小笠原の自然をきっかけに環境問題について関心を持って、大学でもそのような勉強をしていこうと思っています。まだ1年なので全然専門的なところまでは勉強できてないのですが…

小笠原諸島には自然の素晴らしさ、生き物進化の素晴らしさをたくさん感じることができますが、それと同時に外来種などの環境問題も肌で感じることができます。

自然を守るための活動も活発なので、環境問題を意識するきっかけとして、また島での生活や人とのふれあいを通じて、東京にはないライフスタイルを感じてもらえたらと思い、仲間を連れて小笠原を訪れたました!

ワクワクの塊、『キム』!

2人目は私と同じ1年生の「キム」です!(日本人)彼は、今年の夏はベトナムに武者修行に行っていたそう。なんだ修行って…

今回の小笠原もバックパック1つで乗り切ったツワモノ!さらに、ヒッチハイクでどっかに行ったり(小笠原でもヒッチハイクしてたな…)と行動力の塊!彼の好きな言葉は「ワクワク」だそうで、「ワクワク」を追いかけてどこまでも行ってしまいそうな男です!

旅する男、『たかふみ』!

3人目は3年生の「たかふみ」です!この人もツワモノで、直前までタイに何週間かいたらしく、そのままこちらもバックパック1つと穴の空いたビーサンで竹芝桟橋に現れました(笑)。運営側からしたら、クセモノでしたね…。ですが、日本も世界も色々なところを訪れているので、面白い話をいっぱいしてくれる、刺激的な男です!

全都道府県制覇までもう少し!?でも、ちょっと東京で寄り道してみた『こもちゃん』!

4人目は、4年生の「こもちゃん」です!大学生活で47都道府県を制覇することが目標らしく、なんと、47都道府県まであと3県だそう!いつも車で何百キロも運転するのが、普通らしいのですが、今回はいつもと違う船旅で、どんなことを感じたのでしょうか?

コワモテ文学青年、ギャップ萌え必至の『坂もっちゃん』!

最後の5人目は、「坂もっちゃん」です!今回のツアーは彼との会話の「やっちゃえばいいじゃん」がきっかけで発足しまた。高校のに小笠原諸島の母島出身の友達がいるそう。見た目は強面ですが、実は古典文学、特に源氏物語が好きというギャップの持ち主!

最後に

こんな、興味関心もバラバラな5人組ですが、どんな旅になったのか!?まとまりがなかったことは言うまでもありません…ですが!僕たちの長所は、まとまりのなさです!みんなそれぞれ、違うことに興味を持ち、違う人と話してきました!今後、そんなみんなの記事を掲載していこうと思います!乞うご期待!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事をシェア
STW-inamoto
小笠原諸島が好きすぎて、行きまくった結果、そろそろ何回行ったか数えるのも面倒臭くなってきました...