小笠原諸島への海路!!貧乏旅を乗り切ろう!!

40

まず、小笠原ってどこにあるの?どんなところ?どうやって行けばいいの?という方のために

簡単に小笠原を紹介しようと思います!!!!

小笠原諸島ってどこ?どうやって行くの?

ここ。めっさ遠い…

でも、自然がすごい(世界遺産です!!)、そして人が優しくてあたたかい。

イルカが出迎え、一緒に泳いでくれます

島民みんなの見送り、仲良くなった人からの見送りは心にくるものがあります…

この2枚の写真だけでも、行きたくなってきませんか?これからもっともっと魅力や渡航法を紹介していこうと思います!

 

行き方は?

交通手段、それは一択。フェーリ!交通手段は東京の竹芝から出るおがさわら丸というフェーリーで、南に1000キロを24時間かけて航海します!

まずは、船の予約を取りましょう!船が取れないと、宿の予約ができないところがあります。

詳しくは小笠原海運ホームページで時刻表などをチェックしてください(https://www.ogasawarakaiun.co.jp/service/

船と宿を予約したら、いよいよツアーの予約です!初日は船、2日目の午後から遊べます。3日目、4日目は1日中島で過ごせますが、5日目は半日島で過ごして、午後出航です。6日目は3時くらいに竹芝に戻ってきます。2〜5日目までの予定を立てましょう!

予約は2ヶ月前から開始されますが繁忙期と言われる、ゴールデンウィークや夏休みの期間は、船の予約が殺到するので早めのご予約をお勧めします!(切実)代理店に予約をお願いするのもありですね!私たちも今回そうしました!小笠原を専門に扱っている代理店もあるのでチェックしてみてください!(https://www.04998.net/

快適な船旅を!!船内案内!!

今のご時世、船旅の経験者なんて少ないですよね。飛行機と比べると快適さで劣るイメージを持たれるかもしれません。しかし、心配ご無用。すごい素敵な旅です!波にもよりますが…(笑)

船内の案内所です!写真のように、床のカラフルですごくおしゃれな空間になっています!

寝るところはこんな感じです!今回は、一番安い二等和室ですね。布団を自分で敷いて寝ます。

食堂もあります!メニューも豊富なので、2日間の船旅でも飽きません!

売店もあるので、お菓子や飲み物、お酒などはここで買うことができます!料金はコンビニとほぼ変らないくらいです。

売店で手に入れた物を片手に、ラウンジで喋って、食べて時間をつぶすのも船旅の醍醐味ですね!帰りの船では、島で知り合った人とのんびり話ができるのも、小笠原ならでは!

他にも、トイレ、シャワー室、喫煙所、自動販売機、貴重品ロッカーなどが揃っているので、安心して船旅を楽しめます!

貧乏旅の節約術!なるべく安く小笠原諸島に行く方法!しまぽ通貨って?

小笠原諸島を訪れる際に、ネックとなるものの一つは旅費でしょう。船の料金は学割以外はどうしても安くなりません…なのでここでは、島での生活で役立つ節約術をお教えしたいと思います!

みなさん、「しまぽ通貨」ってご存知ですか?

(https://www.ritorengo.com/shimapo-tuuka/より)

東京都11の島で使用できる、電子通貨です。なんと、1万円分の電子マネーを7000円で購入できます!

う…うん…。つまり、どういうこと?ってなりますよね。

「しまぽ通貨」に加盟しているお店だと、しまぽ通貨で買い物をしたり、宿泊費を支払ったりすることができます。要は、スイカが使えるお店では、スイカで買い物ができるみたいなものです。

しかし、スイカと大きく違うのはここ!なんと、7000円チャージすると、なんかわからんけど、1万円分チャージできちゃうという夢の通貨です!(この1万円分を1セットというみたいです)

なので、加盟店だけで宿泊やツアー、お土産を済ませれば、だいぶお得に楽しめる!ということです。実際、私たちも「しまぽ通貨」を利用できる宿泊先とツアー業者にお世話になっていて、4セット、つまり4万円分使用しました。

つまり、1万2000円(3000円×4)得しちゃった!

計画的に使えば、本当にお得で便利なサービスです!でも、ちょっとややこしいのですが、1つ注意してほしいことがあります。

1万円のうち

7000円は自由に使えます!(まあ7000円は払ってるし当然)

でも

残り3000円は宿泊費のみの利用!

でもでもでも、よく考えたら、小笠原は最低でも宿で3泊しないといけないわけだから、宿代が結構かかります。ってなると、その厄介な宿代が浮くだけだから、なんの問題もなくない?結局、お得じゃっん!

という夢のような話なので、ぜひ計画的に使ってください!4、5セット買ってしまっても大丈夫だと思います!小笠原は加盟店が多いので、とっても使いやすいですよ!

加盟店など詳しくはこちら https://shimapo.com/

いかがでしたでしょうか?

次回からは、私の仲間たちによる、島の魅力紹介です!お楽しみに!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事をシェア
STW-inamoto
小笠原諸島が好きすぎて、行きまくった結果、そろそろ何回行ったか数えるのも面倒臭くなってきました...