鹿児島の旬を堪能!黒さつま鶏の幻の部位“ふりそで”など

104
ふりそでねぎま 480円(税別)
ふりそでねぎま 480円(税別)

首都圏で味わう、鹿児島“味”紀行

首都圏、関西、北陸などに店舗を構える「鹿児島県霧島市 塚田農場」にて、黒さつま鶏の希少部位の“ふりそで”を使用した「ふりそでねぎま」をはじめとする、鹿児島の旬のメニューがスタート。
「塚田農場」では黒牛や黒豚に次ぐ”第3の黒”として生産されている「黒さつま鶏」を中心に、九州鹿児島ならではの食材やお酒を提供しています。

1羽からわずか片手ほどの幻の部位「ふりそでねぎま」

“ふりそで”は鶏の肩肉にある部位で、手羽元と胸の中間に位置し、程よい脂とあふれだす肉汁が特徴です。この「ふりそでねぎま」は、1羽からわずか60グラムほどしかとれない貴重部位を1.5羽分以上贅沢に使用しているため、黒さつま鶏の希少部位を思う存分堪能することができます。

桜島大根の「ぶり大根」

桜島大根のぶり大根
桜島大根のぶり大根 680円(税別)

鹿児島県の北西部に位置する長島町周辺のブリは、潮の流れが速い海域で育てられ脂のりが良いのが特徴です。また、桜島大根は煮崩れしにくいので、よく煮込んで味の染み込むぶり大根にぴったり。
桜島の水はけの良い火山灰土壌で育てられた桜島大根は、大きいことはもちろんのこと、繊維のキメの細かさもポイントです。美味しいお酒のおつまみにぜひ!

過酷環境が白菜を甘くする「霜降り白菜生搾り柚子さらだ」

霜降り白菜生搾り柚子さらだ
霜降り白菜生搾り柚子さらだ 530円(税別)

1月〜2月が旬の“霜降り白菜”は味わいを重視し品種改良された白菜です。霜を当て、凍らないように葉がでんぷんをブドウ糖に変えて凍らないようすることで、強い甘みが引き出されます。特に中心部がジューシーで糖度はフルーツトマトほどになります。柚子をしぼって、甘みと歯ごたえを楽しめます。

温と冷、甘みとしょっぱさが楽しい「焼き安納芋アイス」

焼き安納芋アイス
焼き安納芋アイス 380円(税別)

サツマイモの王様である種子島の安納芋は、ねっとりとした食感と濃厚な甘みが特徴です。ほのかな塩っぽさを感じる醤油アイスと一緒にお召し上がりいただき、暖かい安納芋と、冷たい醤油アイスで味覚と触覚のバランスを楽しむことができます。

提供期間は2月中旬までの予定。店舗によって終了期間が異なるため、お早めに。
詳しくは公式サイトをご覧ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします