磯釣り・ダイビング・シュノーケリング。高知県の鵜来島で民泊うぐるBOXに宿泊してきた。

167
鵜来島

先日、人口20人の限界集落、高知県の鵜来島(うぐるしま)に行ってきました!

今回、鵜来島の民泊・うぐるBOX様にご招待いただき、鵜来島(うぐるしま)まで行ってきたわけですが、実は鵜来島(うぐるしま)って日本でも有数の釣りのメッカなんですって。

釣りの他にもダイビングやシュノーケリングでも有名な鵜来島(うぐるしま)

今回は鵜来島の魅力をレポート形式でお伝えしたいと思います!

鵜来島(うぐるしま)とは?

鵜来島(うぐるしま)は高知県宿毛(すくも)市にある、人口20人ほどの限界集落の離島です。

鵜来島

鵜来島(うぐるしま)は高知県の宿毛(すくも)から22キロ沖合の島。船で約1時間ほどで到着する離島。

海が綺麗な島で、沖縄にいるような青い魚や黄色い魚、シマシマの魚などが泳いでおり、釣れる魚の種類も豊富なため、釣り好きには非常に有名な島のよう。

またダイビングやシュノーケリングも有名なんだそうで、毎年夏はたくさんのダイバーさんが訪れるんだとか。

鵜来島へのアクセス方法はこちら >> 鵜来島(うぐるしま・高知県)への行き方。東京 → 鵜来島アクセス方法

 

鵜来島(うぐるしま)で堤防釣り体験

今回、鵜来島(うぐるしま)で人生初の釣り成功体験を味わわせていただきましたっ!!

鵜来島で釣り

うぐるBOXの西内さんと一緒に堤防釣りの体験をさせていただくことに!

釣り自体は小笠原で初体験済みなのですが、本気で魚を釣るのは初めてです…どきどき!!!

釣り道具のことはよくわかりませんが、多分これは海水を汲むバケツのようなものだと思います。

そして、エサをつけるんですが…え、えび!!!!! え・・び・・・・

えび怖いんですよね…!!! エビの頭と尻尾を取って軽やかに釣り針にえびをつける西内さん。(実際はオキアミ?でした)

「やりますか?」って言われたけど、絶対無理!!! です!!!!(えびこわすぎて触れません!!!)

堤防釣りなので、堤防のすぐ下に釣り針を落としますが、しばらくなかなか釣れませんでした。どうやら聞いたらタイミングがあるとのこと。

しばらく頑張っていたら、1匹目が釣れました!!! オヤビッチャという沖縄によくいるしましまのお魚が釣れました。

オヤビッチャ

魚を触ったことがないので、ピチピチ動く魚に恐怖!!!

こちらはカサゴ。高級魚のカサゴも釣れちゃいました!

釣るつもりじゃなかったのに…釣れてしまった魚。食べられるほど身がないということで、海にリリースです。

最終的に、オヤビッチャ3匹、カサゴ1匹釣れました!

鵜来島の魚を食べる!

うぐるBOXでは、釣った魚をみんなで調理して食べる楽しいイベントがあります!

まずは、お魚のうろこ取りから。

魚によって鱗の大きさが違うので、鱗取りも見てるの楽しいです。自分ではできないですが…。

こんな感じで、めちゃくちゃ鱗の大きい魚もいるんですよね。これはオジサンです。

魚をさばきます。希望があればさばきかたを教えてくれるんだとか。

実はさばいた魚を見るのは初めてです! 普段切り身しかほとんど買わないので。

ご飯はガスで炊きます。ガスで炊いたご飯、ものすごく美味しい!!

魚を素揚げにして南蛮も作成。

そして、できました! ナスとお魚の南蛮と

お魚の煮付け。

カンパチとオジサンのお刺身!

高級魚が勢揃いでどれもものすごく美味しい!! たくさんの種類の魚が釣れる鵜来島ならではの贅沢ですね!

鵜来島の人々は、人口20人の限界集落とは思えないくらい楽しく暮らしている

今回、鵜来島に行って思ったことは、人口20人の限界集落とは思えないくらい、みなさん明るく楽しく、自分らしく暮らしているということ。

高知県内から移住した、うぐるBOXの西内さん。

元々絵を描いて暮らしていたアーティストさんで、現在はうぐるBOXを運営しながら、絵を描いたりブローチを作ったりと、アーティスト活動をしています。

それから、島のお母さんの徳美さん。島生まれ島育ちで、島で楽しく毎日暮らしてるそう。とっても元気で毎日楽しそうです!

鵜来島に住んでいる人々は皆活力があり、元気で、人に優しい。人口20人の限界集落だなんて忘れてしまうほど、元気いっぱいの島でした。

たくさんの種類の魚が釣れて、釣り人にも人気の知る人ぞ知る鵜来島。

たまには美味しいお魚を食べて、島時間でリラックスし、都会で疲れた心を癒してみてはいかがでしょうか?

今回ご招待いただいたうぐるBOXさんにて、釣りモニターキャンペーンも行なっています。釣り大好きな人、島大好きな人は、ぜひ応募してみてくださいね!

>> 無料釣りモニター募集します – うぐるBOX

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします