定番から珍グルメまで!石垣島を中心とする八重山諸島のおすすめご当地グルメをどどっとまとめてご紹介!

200

沖縄で出会う文化には衝撃を受けることが多くあるかと思いますが、特にその食文化は本土とはかなり違っている独特のものと言わざるを得ません。沖縄全体で見ると、チャンプルーやジーマーミ豆腐、ラフテーなど有名なものを挙げるだけでもキリがありませんよね。

そんな沖縄のグルメでも、さらに石垣島を中心とする八重山諸島ではどんなご当地グルメがあるかご存知ですか。沖縄本島とはまた少し違った食べ物が実はいっぱいあるのです。

今回はそんな八重山諸島のグルメに焦点を当ててみます。石垣島やその先の離島へ行くときには要チェックの品ばかりなので、訪問の際は食べ逃しなく。

「沖縄そば」と「八重山そば」、その違いは?

まずご紹介するのは、こちらのそばです。沖縄本島でも「沖縄そば」は有名ですよね。しかし、八重山諸島では少し中身が違っており、本島の「沖縄そば」と区分され、「八重山そば」という風に呼ばれています。

大きな違いとしては、麺が細くストレートだということ。通常沖縄そばでは縮れ麺が使われることが多いのですが、八重山そばはこの写真のような麺が主流となります。

具材に使われるお肉(ソーキ・テビチ・三枚肉など)自体の差はあまりないものの、細切れになったものが載せられていることが多いのも八重山そばの特徴ですね。

八重山そば選手権グランプリ「牛そば」も要チェック

八重山そばにも色々な種類があることから、「八重山そば選手権」なるイベントも開催されています。

石垣島の中心部に近い新川地区に店舗を構える「あらかわ食堂」「牛そば」は、2017年の八重山そば選手権でオリジナル汁そば部門のグランプリとなったこともあり、観光客だけでなく地元の人々にも愛されているご当地グルメとなっています。

「牛そば」の特徴として挙げられるのは、具材のお肉がゴロゴロと大量に麺の上にのっていることや、出汁が通常の八重山そばのものよりも少し濃いこと、お肉の臭みをなくすためにフーチバー(ヨモギの一種)がこれまた大量にのせられているということ。

フーチバー自体にも少しクセがあるので、苦手という場合には無しにしてもらいましょう。注文の際にスタッフの方に聞いてみてくださいね。

やっぱりご当地牛は見逃せない!

石垣島のご当地牛といえば、「石垣牛」。最も南で育てられる和牛であり、温暖な気候を好む和牛にとって八重山諸島はとても適した環境といえます。その肉質は脂身が多くなくさっぱりとしていて、甘みのある味わいが特徴とされています。

もちろんステーキなどで食べるのもいいのですが、かなり値が張ってしまうというのは避けられません。そのため、今回はそんな石垣牛を手軽に食べることができるご当地グルメを2つご紹介します。

ダイレクトな旨みは石垣牛の握りで

石垣牛の旨みをダイレクトに、かつリーズナブルに味わえるものといえば、こちらの「石垣牛の握り」があります。

牛肉の握りという時点で全国的にも珍しいものではありますが、石垣牛を試すのにこれ以上最適なメニューはありません。小さなお寿司サイズでも、その肉の味わいは充分に感じることができます。

石垣牛の握りを提供しているお店はいくつかありますが、石垣島の中心地に2店舗ある「ひとし」は地元民にも人気のお店です。ただ、安くて美味しいメニューが並ぶかなりの人気店なので、事前に電話予約をしておかないとお店に入れないということも起こり得ます。その点にはご注意くださいね。

とってもジューシーな石垣牛バーガー

石垣牛を手軽に味わえるもう一つのメニュー、それは石垣牛を使ったハンバーガーです。石垣牛のパテはとてもジューシーで、ハンバーガーの具材の一つというには勿体無いほどの食べ応えを誇っています。

もはやメインのおかずにもなり得るくらいのものを一具材としていただく贅沢を「石垣島きたうち牧場 ハンバーガー店」で味わってみてください。「石垣島 きたうち牧場」は牧場運営に加え飲食店をいくつも手がけています。

焼肉のお店がメインではありますが、離島ターミナルのそばにハンバーガーショップもオープンしています。昼ならハンバーガー、夜は豪華に焼肉といった具合に使い分けるのもいいかもしれませんね。

一風変わったご当地グルメ、「オニササ」とは?

さて、八重山そばと石垣牛はポピュラーな八重山グルメとして既に知られているものですが、石垣島発祥の「オニササ」という食べ物をご存知でしょうか。島特有のちょっと変わったご当地B級グルメです。

この写真を見てどう思われますか。そう、「ふりかけおにぎり」と「ササミフライ」、この二つを合わせて食べるのが、石垣島の変わり種グルメ「オニササ」なのです。

と言っても、この状態で食べるわけではありません。

おにぎりとササミフライをビニール袋に入れ、おにぎりをぺしゃんこに…これは決して遊んでいるわけではありません。ちょっと信じ難いかもしれませんが、これが完成形なのです。

これは石垣島にある「知念商会」というスーパーで買うことができるご当地グルメ。通常はそのスーパーの中でフライを袋に入れ、ソースやマヨネーズをかけてその上におにぎりも投入、そしてこの写真のような形に整える、という方法で食べられているものです。

なんとこれを開発したのは地元の高校生だったと言われています。片手で食べるササミフライ丼といったところで、ビニール袋に包んだままでパクパクと食べられること、約200円でかなり満足感を得られること、などから現在でも高校生や観光客に大人気となっています。

知らなければ衝撃的なビジュアルの食べ物ですが、実際に食べてみるとスナック感覚で食べられるその手軽さは、小腹が空いたときにピッタリだと気づきます。よく考えれば本来おかずとご飯として並んでいるものなので、合わないはずがありませんよね。

これを持ってハイキングやビーチなどへ遊びに行くといった、石垣島ならではの楽しみ方もしてみてはいかがでしょうか。

八重山特有の食材にも注目

ここまで八重山地方のご当地グルメをご紹介してきましたが、ここからは食材に注目してみましょう。

本土では口にすることがないような食材でも、沖縄では普通に使われていることがしばしばありますよね。本島でもヤギ(写真はヤギ汁)であったり、豚肉は豚肉でも豚足やミミガー(耳たぶ)など、沖縄ならではと思える食材も数多く見られます。

そして、もちろん八重山諸島においても同じように珍しい食材があります。

え?ミドリムシって…食べられるの?

こちらのカレー、何が入ってるかわかりますか。

色合いからしてグリーンカレーというのはわかると思いますが、これは石垣島産のユーグレナ入りグリーンカレーです。「ユーグレナ」と聞いてもピンとこないかもしれませんね。聞き慣れた言葉でいえば、「ミドリムシ」です。

近年ではユーグレナは体に良いということで少しずつ全国的に知名度が上がってきてはいますが、その大量培養に世界で初めて成功したのが石垣島なのです。

そのため、まだまだ全国的にも取り扱いが少ないユーグレナではあるものの、石垣島ならユーグレナを使ったメニューが並ぶ「ユーグレナ・ガーデン」なるカフェもあるのです。もちろん後ろのお茶もユーグレナ入りのお茶ですよ。

ミドリムシ、とはいってもワカメやコンブといった藻の一種で、こちらのカレーも言われなければきっと気づくこともなく食べてしまうでしょう。それでも、ユーグレナの持つ栄養素は健康面からみて、無視できないほど素晴らしいものなのです。

効果としてはアンチエイジングや美白など、女性の意識が高いものに加え、生活習慣病予防といった、誰しもが期待したい様々なものが挙げられます。石垣島に行く際には、ぜひその健康効果を求めてユーグレナ食品をお試しください。

新鮮だからこそ食べられるジビエのタタキ

沖縄ではよく「豚は鳴き声以外全て食べる」と言われますが、西表島でよく食べられているのは何のお肉かご存知ですか。

それはイノシシ。西表島では「カマイ」とも呼ばれます。なんと西表島ではイノシシ肉のタタキを食べられるのです。ジビエ料理も近年では一部で人気になりつつありますが、タタキで食べるというのはほぼあり得ないでしょう。

しかしながら、西表島に生息するリュウキュウイノシシは本土のイノシシと違い臭みや硬さがなく、タタキで食べる分にも全く問題がないのです。これはリュウキュウイノシシの純血が保たれている西表島ならではの食材でもあります。

西表のワタリガニ、ノコギリガザミ

さらに西表島のご当地食材として有名なのが、ノコギリガザミです。ノコギリガザミというのはマングローブ植物の周辺でよく見られることから、「マングローブ蟹」などと呼ばれることも。体長は20cmくらいでワタリガニの一種です。

こちらの写真はノコギリガザミを使ったパスタ。濃厚なノコギリガザミのエキスはパスタの味にとても深みのあるコクをプラスしています。

イノシシ肉のタタキとノコギリガザミのパスタは、西表島の「キッチンイナバ」にて取り扱っているメニューです。どちらもなかなか食べられない品で、且つとても美味しいので、西表島に行くという際には旅程に組み込むことをオススメします。

食文化から知る八重山諸島の文化

八重山諸島で食べられるグルメ、定番のものからちょっと変わった珍グルメまでご紹介しました。

衣食住は人間の生活の要とも言えるもので、食文化を知ることはその土地を知ることにもつながります。今回ご紹介したもの以外でも八重山諸島を旅していれば、もっと驚きのメニューに出会うこともあるかもしれません。

そんな時には八重山のことを知るという意味でもぜひチャレンジしてみてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします